HOME > 商品のご紹介 > エネルギー分野 > 粒子表面・界面 株式会社三ツワフロンテック
MITSUWA RIKAGAKU ロゴマーク MITAUWA RIKAGAKU WEB SITE
HOME 分野別情報 困りごとFAQルーム 会社案内 採用情報 環境情報 リンク サイトマップ
お問い合せ
 
粒子表面・界面 INDEX

粒子表面・界面
粒子表面・界面
材料開発・量産品の品質管理を行う上で、表面・界面特性は非常に重要であり、次の 工程(粉砕・造粒・分散・凝集・混合等) に大きく寄与します。
しかしながら、粒子表面が物質的、化学的に不均一の為有効な評価法が少なく、検査項目に採用されていません。
そこで、表面界面特性評価法の有効な手法を紹介させて頂きます。全3頁。
 
 
 
粒子表面特性の評価と重要性
電位差滴定法による粒子表面特性評価 ゼータ電位及び自動滴定装置 DT-310 P1
多検体表面特性評価 多検体表面特性評価装置 P1
表面界面解析
2ステーション独立制御可能な比表面積・細孔分布測定装置 高性能・多検体・全自動ガス吸着量測定装置 Autosorb-iQ-AG P2
5分間で液体に分散されたナノ粒子の比表面積測定可能 NMR方式 湿式比表面積測定装置 xigo P2
溶媒の元素分析から粒子表面情報分析 原子吸光光度計 Z-2310 P2
非水系溶液の導電率が簡単に測定可能 非水系導電率計 DT-700 P2
高濃度スラリーの直接測定が可能 粒度分布・ゼータ電位測定装置 DT-1200 P2
無極性有機溶剤などの混合溶媒の誘電率を簡単に測定可能 液体用誘電率計 Model871 P2
粒子形状を画像で計測 フロー式粒子像分析装置 P2
粉子の浸透性、ぬれ性解析が可能 粉体湿潤浸透解析装置 P2
高分解能・高感度で幅広いダイナミックレンジを持つ粒度分布測定装置 ディスク遠心式粒度分布測定装置 P2
表面・界面処理
ハンディタイプで手軽に使えるプラズマ 大気プラズマ S-5000 P3
高速応答高精度の表面電位計 表面電位計 MODEL344 P3
プラズマ処理・コロナ処理の改質状態が判ります 表面改質センサー P3
 
 
■電位差滴定法による粒子表面特性評価
■特長
●容易に測定でき、高感度の品質管理法です。
●表面での酸・塩基反応を活用した評価法です。
●滴定を行いながらpH測定を行い、滴定曲線を作成します。
●pHが対数の為、電位差滴定(pH滴定)法は非常に高感度です。

測定例

ゼータ電位及び自動滴定装置DT-310

滴定を行いながら同時にゼータ電位測定をすることで、
粒子表面の化学的及び電気的特性評価が可能です。

 
■多検体表面特性評価

■特長
●電位差滴定に代わる簡便法としての分析法です。
●一度に12 サンプルを調べる事で開発のスピードアップが図れます。
●沈降プロファイルを見る事で粒子表面の違いを可視化することができます。
 
アルミナA
アルミナA ( 純度99.93% )
アルミナB
アルミナB ( 純度99.89% )
アルミナA とBの表面特性プロファイル
純度や粒子径にはほとんど差がないにもかかわらず、表面プロファイルには顕著 な差が現れています。
この手法を用いることにより原料粒子表面の品質管理はもとより、製造プロセス適正化のために添加した分散剤量や表面修飾の差等を迅速に容易に評価することが可能です。
 
 
■技術セミナー開催もご相談下さい■
武田コロイド・コンサルティング株式会社
  ■講演
 ◆材料表面・界面の特性とその評価法
 ◆ナノ粒子・微粒子の分散・凝集の基礎とその評価方法
●受託測定   ●受託解析
●受託研究   ●講演
●コロイド・界面科学全般に関する技術コンサルティング
 
 
 
 
お問い合せ HOME BACK TOP
Copyright Mitsuwa Frontech Corp. All Right Reserved.