HOME >展示会・セミナー 株式会社三ツワフロンテック
MITSUWA FRONTECH ロゴマーク MITAUWA FRONTECH WEB SITE
HOME 商品のご紹介 困りごとFAQルーム 会社案内 採用情報 リンク サイトマップ
お問い合せ
 
■セミナーのご案内
 
「自動試料燃焼装置-イオンクロマトグラフ法による
ハロゲン及び硫黄元素の自動分析について」
-電子材料、廃棄物等環境サンプルの不純物分析〜医薬品、染料等の中間剤の純度分析に-
 
★トピックス★グラジェント法を用いた微量のハロゲン及び硫黄分析について
 
主催:三ツワ理化学工業株式会社東京支社
共催:株式会社ダイアインスツルメンツ
 
エポキシ樹脂などのポリマー類、潤滑油及び廃油及び土壌中のハロゲン類及び硫黄分析などの試料の溶液化や医薬品、染料中間剤や有機合成品の高濃度の純度分析においては、依然としてフラスコ燃焼法や酸素 ボンブ法等が用いられています 。
 自動試料燃焼装置-イオンクロマトグラフ法では、試料の燃焼から定量までの一連の作業を 完全自動化し、 微量不純物分析から高濃度純度分析まで幅広く適用できる高性能分析システムを完成しました。
今回は、新しい応用分野への適用および可能性についていくつかのトピックスをお話させて頂きます。
ぜひこの機会にご出席を賜り、貴社試験法の整備改善に寄与頂きたくご案内申し上げます。
 
日時 2007年5月17日(木) 13:00〜16:00(開場12:30)
会場 東京都江戸川区船堀4-1-1
タワーホール船堀2F  バンケットルーム蓬莱の間
<アクセス>
都営新宿線「船堀駅」下車、徒歩約1分。 (詳細はこちらをクリック
参加費 無料
定員 50名
お問合せ 三ツワ理化学工業(株) 東京支社  安藤、東
TEL:03-5823-0351
 
★自動試料燃焼装置につきましては,こちらに詳細を掲載しております。
 
 
◆セミナープログラム
13:00〜13:45 自動試料燃焼装置のご紹介
●AQFシリーズ 微量不純物分析システム
●XSシリーズ  高濃度有機元素純度分析システム
13:45〜14:15 応用例(1)=有機物分析例=
14:15〜14:30 コーヒーブレイク
14:30〜14:55 応用例(2)=無機物分析例=
14:55〜15:15 応用例(3)=グラジェント法を用いた分析について=
  応用例の発表後、質疑応答
〜16:00 セミナー終了後、個別技術相談をお受けします
 
◆展示品
自動試料燃焼装置 AQF-100型
塩素・硫黄分析装置 TOX-2100H型
★当日、分析手法などご相談がございましたら、コーヒータイム及びセミナー終了後スタッフまでお申しつけ下さい。
 
◆お申込み・お問合せ
下記内容をご記入の上、FAXまたはE-mailにてお申し込み下さい。
FAX:03-3863-5188
E-Mail:info@mitsuwa.co.jp
三ツワ理化学工業株式会社 東京支社宛
(お問合せTEL:03-5823-0351  担当:安藤、東 )

--------------------------
●セミナー名:自動試料燃焼装置AQFセミナー(5/17)
●貴社名:
●部署名:
●お名前:
●郵便番号:
●ご住所:
●Tel/Fax:
●E−Mail:
●ご連絡・ご質問事項:
★お客様の分析目的についてお聞かせください。: ( )不純物分析、( )純度分析

--------------------------
※会場の都合上定員になり次第締め切らせて頂きます。
 
お問い合せ HOME BACK TOP
Copyright Mitsuwa Frontech Corp. All Right Reserved.