HOME>商品のご紹介 >ウェスタンブロットが1台で測定可能 シンプルウェスタンWes

株式会社三ツワフロンテック
お問合せ
MFW201512-07

シンプルウェスタンWes

ウェスタンブロットが1台で測定可能
泳動→イムノ検出→解析までわずか3時間

従来法では、非常に多くの機器と技術が必要な、ウェスタンブロッティングが、1台の機器で測定可能になりました。
泳動→イムノ検出→解析までわずか3時間で行え、再現性の高いデータが得られます。

■ 特徴

■ 原理

キャピラリー電気泳動と免疫検出反応を組み合わせた特許技術により、すべての過程をキャピラリー内で実現。

*キャピラリー電気泳動の技術です。
 ・キャピラリー内にマトリックスを充填
 ・サンプルを充填
 ・電気泳動で分離

【特許技術】
キャピラリー内で
タンパク質を分離したままトラップします。

*マトリックスを洗い出し、ブロッキング液、
 1次抗体、2次抗体、発光試薬を順次反応させます。
*CCDカメラで発光を検出し解析まで行います。

■ 従来のウェスタンブロットとの比較

従来のウェスタンブロットとの比較

■ 仕様