HOME>商品のご紹介 >試料の前処理なしで手軽に観察 卓上電子顕微鏡

株式会社三ツワフロンテック
お問合せ
MFW201604-05

卓上電子顕微鏡Miniscope®

試料の前処理なしで手軽に観察

絶縁物試料でも前処理なしでそのまま観察可能

卓上におけるコンパクトサイズで、初心者の方でも簡単に操作できる走査電子顕微鏡です。
試料を前処理なしで、光学顕微鏡を超える最大60,000倍という高倍率で、すばやく観察や元素の分析ができます。

■ 特長

■ 低真空観察法の原理

試料室内を低真空にし、ガス分子の数を増やすと、電子ビームが試料室内のガス分子と衝突しやすくなります。この衝突の際、ガス分子がイオン化され、+イオンと電子(−イオン)が生成されます。この+イオンが、試料表面に蓄積した電子と結合して中和し、帯電を軽減することができます。

低真空観察法の原理

■ オプション

■EDX 操作画面

EDX 操作画面

■3D-VIEW 操作画面

EDX 操作画面