HOME > 商品のご紹介 >最高クラスの分解能で粒度分布を測定
株式会社三ツワフロンテック
MITSUWA RIKAGAKU ロゴマーク MITAUWA RIKAGAKU WEB SITE
HOME 商品のご紹介 困りごとFAQルーム 会社案内 採用情報 環境情報 リンク サイトマップ
お問い合せ
ディスク遠心式 高分解能粒度分布測定装置
最高クラスの分解能で粒度分布を測定
粒径差5%のピーク検出が可能
ディスク遠心式粒度分布測定装置外観
 
特長
高分解能 粒径差5%
単分散粒子の場合、2.5%の粒径差があれば完全なピークとして検出できます。
さらに、1.5%の粒径差でも部分的なピークとして検出可能です。

高分解能
粒形0.343μm、0.372μmの単分散ポリスチレンラテックスの混合試料を18.000rpmで分析
 
高感度 0.01μg
単分散粒子であれば、検出下限濃度は0.01μgです。
多くの場合ほんの少量の試料があれば検出できます。

高感度の検出能力は、ルーチン分析で使用されるμgの試料量では高精度な結果をいつでも保証しています。

高感度
校正用標準粒子ポリスチレンラテックスを用いて
粒子濃度10μg、1μg、0.1μg、0.01μgで得られた結果の重ね書き比較データ
高精度 ±0.5%
全ての分析は既知の校正用標準粒子に対して行われますので、いつでも精度が保証できます。

校正は次の2つの方法のいずれかで行われています。
外部校正:試料測定直前に標準粒子で実行
内部校正:試料に標準粒子を混入して実行
外部校正用標準粒子の精度は、±0.5%です。
内部校正用標準粒子の制度は、±0.25%です。

このような校正により、高精度で再現性の高い結果がいつでも得ることが可能です。
幅広いダイナミックレンジ 0.01〜40μm
ダイナミックレンジは、一回の分析で測定可能な最大粒径/最小粒径の比です。
本機の実際のダイナミックレンジは、固定回転数モードでは60、可変回転数(スピードランプ)モードでは約1.000です。
可変回転数モードの幅広いダイナミックレンジにより、ブロードな粒度分布の試料でも超高分解能な分析が可能です。
幅広いダイナミックレンジ
 
用途
・科学工業
ポリマーラテックス、エマルション
フィラー(CaCO3、クレイ、BaSO4など)
SiO2分散液
研磨剤
インパクトモディファイア粒子
オイルエマルション

・医薬品
ウィルス粒子
細胞や細胞フラグメント
蛋白質クラスター
リポソーム
診断試薬用粒子
マイクロカプセル
・半導体工業
微粒子研磨剤
CMP用研磨剤

・印刷、塗料
顔料
トナー
インクジェットインク
カーボンブラック
磁性酸化鉄

・その他
感光乳剤
ファインセラミックス
その他の粒子
 
 
お問い合せ HOME BACK TOP
Copyright Mitsuwa Frontech Corp. All Right Reserved.