HOME > 商品のご紹介 >液中の固形分を連続的に分離・分級できます。
株式会社三ツワフロンテック
MITSUWA FRONTECH ロゴマーク MITAUWA FRONTECH WEB SITE
HOME 商品のご紹介 困りごとFAQルーム 会社案内 採用情報 環境情報 リンク サイトマップ
お問い合せ
ディスク型遠心分離機
液中の固形分を連続的に分離・分級できます。
 
小型引張試験機

自動排出システムによるインク分散液、スラリー液等の液中固形分の分離・分級が連続で回収できます。

分散安定性分析装置はこちら
 
原理
モーターにより縦軸を増速させ、縦軸に回転体(ボウル)を乗せ回転しています(機種によりますが4,800〜12,000rpm)。
回転体の中には陣笠状の薄いディスクが数十枚〜百数十枚入っています。
固形分を含んだ原液を回転体の上から入れますと、原液はいったん回転体内部の外側に流れディスクの外端よりディスクとディスクの間隙(0.5mm)を通過します。
通過している間に比重差と遠心力で固形分が分離し清澄液は回転体の中心へ向かい、セントリペタルポンプ(向心ポンプ)により連続的に圧力を持って吐出されます。
分離した固形分は回転体内の外側へ蓄積されます。設定された時間毎に回転体外へ排出されます。
 
用途
医薬品、化粧品、塗料、セラミックス、食品、顔料、鉱工業、科学/石油、飲料、インク、農薬、その他の分散系全般
 
お問い合せ HOME BACK TOP
Copyright Mitsuwa Frontech Corp. All Right Reserved.