HOME > 商品のご紹介 >大切な細胞を、簡単操作で長期保存
株式会社三ツワフロンテック
MITSUWA FRONTECH ロゴマーク MITAUWA FRONTECH WEB SITE
HOME 商品のご紹介 困りごとFAQルーム 会社案内 採用情報 環境情報 リンク サイトマップ
お問い合せ
細胞凍結保存液 セルバンカーシリーズ
大切な細胞を、簡単操作で長期保存
 
セルバンカー1(100ml) セルバンカー1(20ml) セルバンカー2(100ml)
 

時間の経過と共に細胞の生存率が低下するというお困り事解決へ
大切な細胞を、短時間に簡単操作で長期保存が可能な細胞凍結保存液です。
例えば、細胞融合後、Hybridomaのクリーニング工程の簡素化にお役立て下さい。

 
特長
試薬の調整及びプログラムフリーザが不要です
  細胞の保存が短期間で、安価に出来ます。

細胞を長期間凍結保存できますので、凍結操作を頻繁に行う必要がありません。

融解後の細胞の生存率が良好です。

ディープフリーザーで急速に凍結保存が出来ます。(長期保存可)

血清タイプと無血清タイプがあり、使い分けが可能です。
 
使用方法
<保存>
1. 付着細胞及び浮遊細胞をそれぞれの従来の方法にて収集し、試験管に移す。
2. 遠心分離。
3. 上澄液をアスピレーターにて除去する。
4. 試験管にセルバンカーを加える。
(細胞5×105〜5×106ヶに対しセルバンカー1mlを加える。)
5. ピペッティングし充分に混合させてそのピペットにて全量を採取しクライオチューブに分注する。
6. クライオチューブを-80℃ディープフリーザーにて充分に凍結させる。
(そのまま-80℃で保存する)
7. 必要に応じ-196℃液体窒素に移す。
*上記の5と6の操作はなるべく迅速に行って下さい。

<融解>
1. 凍結しておいたクライオチューブ(細胞)を37℃恒温槽中にて振りながら迅速に融解する。
2. 直ちに培養に使用する培地10ml程度で1回遠心分離する。
3. 上澄液を吸収除去し、培地適量で細胞を懸濁する。
4. 必要の量の培地を添加して培養容器に移す。
5. 常法にて培養する。

<使用期限>

製造日より3年

<製品貯蔵法>

本保存液は、通常4℃以下で保管してください。長期間保管する場合は凍結して保管してください。凍結と融解を繰り返すと性能が低下する恐れがありますので、一度融解したものは使用量に合わせ分割し凍結保存するか、4℃で保管することをお奨めいたします。
 
長期細胞凍結保存試験の一例(-80℃による急速凍結後、-80℃保存または液体窒素保存)
細胞名
保存期間
生存率(%)
保存温度
-80℃
-196℃
マウス
ハイブリドーマ
10
95
95
ミエローマ
10
90
90
L929
10
90
90
FM3A
5
90
90
BALB/3T3
5
90
90
M1
5
90
90
YAC-1
5
90
-
ラット
RLC-16
5
90
90
NRK
5
90
90
PC-12
5
90
-
ハムスター
CHO
5
90
90
V79
5
90
90
サル
COS-1
5
90
90
Vero
5
90
90
ヒト
腎由来ガン細胞
5
90
90
EBトランスフォーム細胞
5
90
90
HEL由来繊維芽細胞
5
90
90
メラノーマ
5
90
90
Caco-2
3
90
-
C-5
5
90
90
CEM
5
90
90
K562
10
90
90
Jurkat
10
90
90
BALL-1
5
90
90
HUC-Fm
5
80
80
 
 
お問い合せ HOME BACK TOP
Copyright Mitsuwa Frontech Corp. All Right Reserved.