HOME > 商品のご紹介 >その場・実時間観察が可能な小型延伸機 株式会社三ツワフロンテック
MITSUWA FRONTECH ロゴマーク MITAUWA FRONTECH WEB SITE
HOME 商品のご紹介 困りごとFAQルーム 会社案内 採用情報 環境情報 リンク サイトマップ
お問い合せ
小型分析用二軸延伸機
その場・実時間観察が可能な小型延伸機
位相差フィルム、偏光フィルム等、各種延伸フィルムの解析に!
 
その場観察が可能な、小型分析用二軸延伸機です。
延伸時の変化をリアルタイムに解析したいというご要望にお応えして開発されました。X線回折装置などと組み合わせられて、延伸しながらの解析が可能です。
また、小型で移動可能ですので、大型放射光施設へ持ち込んでの測定や、実験室に置いて手軽に使用できるテスト機としても最適です。
小型分析用延伸機(二軸延伸機)
小型分析用二軸延伸機
持ち運び出来る高性能な引っ張り試験機はこちら    
 
特長
◆タテ型・薄型で解析装置との組合せが可能
フィルムを、従来の水平方向ではなく、垂直方向に固定して延伸するタテ型タイプ。
さらに、約10〜30cmの薄型ですので、光軸はそのままでX線回折装置などと組み合わせられ、
延伸しながらの解析が可能です。
 
●二軸延伸機とX線回折装置との組合せ例
サンプルセット時   測定時
二軸延伸機とX線回折装置との組合せ例 サンプルセット時 二軸延伸機とX線回折装置との組合せ例 測定時
延伸部分を横にスライド移動して、
試料を取り付けることができます
  タテ型のため、光軸はそのままで、
再度調整する必要がありません
 
◆移動が可能
小型で移動可能ですので、大型放射光施設へ持ち込んでの測定が行えます。
 
◆実験用の延伸機としても最適
実験室における小型サイズです。
手軽にフィルム延伸実験が行えますので、テスト機として大変便利にお使い頂けます。
 
■測定例
●市販のポリプロピレンを用いて、同時二軸延伸過程で観測された、
小角X線散乱(SAXS)パターンの経時変化
0sec   25sec 二軸延伸時の試料の状態
小角X線散乱(SAXS)パターン 0sec 小角X線散乱(SAXS)パターン 25sec 二軸延伸時の試料の状態二軸延伸時の試料の状態
 
用途
延伸過程の各種解析、顕微鏡観察、FT-IR、ラマン、光学特性、X線他各種放射光 等ご要望に応じて製作します
 
仕様
延伸方式 同時2軸延伸、逐次2軸延伸、自由1軸延伸、固定幅1軸延伸
延伸モード 加熱延伸、室温延伸
延伸速度 0.01mm/sec以上ご指定とおり(ステッピングモーター)
サンプルサイズ 20mm角以上
チャック間距離 10mm〜
温度範囲 室温+30℃〜200℃
大きさ 1100×655×320mm
その他ご要望に合わせて作製可能です
 
   
※標準タイプの二軸延伸機・一軸延伸機も作製しております。

用途例:位相差フィルムの延伸に。(ガス雰囲気中でも可能です)

☆その他、課題、ご要望などどうぞお聞かせ下さい。
二軸延伸機
二軸延伸機
 
 
 
お問い合せ HOME BACK TOP
Copyright Mitsuwa Frontech Corp. All Right Reserved.